講師紹介

私は、もともと着物に興味があったわけではありません。

24歳で結婚したときに、何枚か着物を持たせてもらいました。

しかし、着物がたためないので、たとう紙から着物を広げることが、出来ませんでした。

着物をを着るたびに、母にたたんでもらうのでは........

28歳のときに、友人が須田和装学院で着付けを習っていたので、良い機会だと思い、着付けを習いはじめました。

当初は、6カ月くらいでやめるつもりでした。

でも、かなり不器用な私は、なかなか着付けが上手になりませんでした。

通いつづけるうちに、看板をいただき

平成7年より、自宅にて着付け教室をひらいて現在22年目になります。

いつも生徒さんに、言っていることがあります。

師匠の須田先生のお墨付きの、かなり不器用な私が出来るのだから、絶対に着付けが上手に出来ますよ。

そして須田先生がおっしゃっていました。

不器用なのは悪いことではないよ。

自分が不器用だと思えば、練習するからね。

世界に一つの民族衣装、着物を着てみませんか?